文字サイズ

PD暮らしのヒント

旅行先で吸盤フックが大活躍

 秋の行楽や、出張などで外出が増えるシーズン。宿泊先で、PDを行う時にS字フックが便利という話をよく聞きます。しかし、宿泊先にそうしたS字フックが使えない場所も多々あります。そんなとき便利なのが、吸盤フックです。ガラス、鏡などの平らな面があれば、そこの高い位置に貼りつけてPD液を吊せます。たとえば、窓などに貼りつけて吊せば、外の景色を見ながらできるので、透析時間も短く感じられます。ただし、この場合、直射日光が差し込む時間帯、場所などは避けるようにしましょう。
 吸盤フックは、取り外ししやすいように突起がついたもので、制限重量が大きいものを選ぶのがオススメです。たとえば、1500mLのPD液をご使用の場合は制限重量1kgの吸盤2個を横に並べて使うのがよいでしょう。写真のようにお風呂ブーツ用やキッチン用などさまざまなタイプの商品が揃っています。


2個並べることがポイント

鏡上部に貼る 

PD液の袋をかける

お風呂ブーツ用タイプ

透明フックタイプ

金具フックタイプ


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.