文字サイズ

PD暮らしのヒント

キャスター付き可動ゴミ箱

発案者:M. S. さん(石垣島)


フローリングの床をコロコロ自在に動くキャスター付きゴミ箱。 必要なとき、必要な場所で使え、収納も手軽にできます。 また、手を使いたくないとき、手を汚せないときにも、足で簡単に移動させることができ、とても便利です。

【材料】

ゴミ箱(できるだけ口の大きい、円形のもの)、両面ガムテープ1本、キャスター3個、板(三角もしくは円形のもの)、短いネジ12個、段ボール(写真1)

【材料費】

100円ショップを利用すれば700円程度

【所要時間】

30分程度

【手 順】

小さな写真にポインタをのせると、左側に大きな写真表示されます。順を追って写真を表示させながら説明をお読みください。


1. 板の底にキャスターをネジでしっかりとめていく。 円形の板の場合は、内側に正三角形を描き、その頂点にキャスターを取り付けていきます。 三角の板は、その三角の角の内側に付けるようにします。
2. 板の底にキャスターを取り付けたところ →ヒント:4つ取り付けるのではなく、三角になるように付けることで重心が安定して、いろいろな向きに動かすことが可能になります。
3. 段ボールは、ゴミ箱と板のクッションの役割を果たします。 板の形に添って切り抜きます →ヒント:この場合、段ボールは板の形よりやや内側に短めに切った方が仕上がりがきれいになります。
4. 両面テープを段ボールに貼り付けていきます。
5. 両面テープを段ボールの裏面にも同じように貼り付けていきます →ヒント:両面テープは取れないようにできるだけ接触面を広くしましょう。

6. テープのシールをはがして板のキャスターと反対側に付けます。 その後、裏面のテープのシールもはがしていきます。
7. ゴミ箱の底を段ボールに付けます。
8. ゴミ箱が付いたら、上から押さえつけてしっかり板に固定します。
9. ゴミ箱が汚れるのが気になるときは、同型のゴミ箱をもう一つ用意し、板に付いたゴミ箱に重ねて使用します。 上のゴミ箱を外すことで、ゴミが捨てやすく、また汚れても洗いやすくなります。




Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.