文字サイズ

マイホームぴこ(R)セットの廃棄物を、
コンパクトに捨てる方法


名古屋さんと東京大学医学部附属病院の
益田凡看護師。名古屋さんのアイデアは
効率的な廃棄方法として、他の患者さん
へも紹介されているそうです。
マイホームぴこセットの回路は、APD装置へセットする際に間違いを防止するため、あるいは手間を省力化するために、ある程度の大きさを確保しています。しかし、そのぶん廃棄物の量も増えがちです。今回は、マイホームぴこセットの廃棄物を、よりかさばらずに捨てる方法をご紹介します。この方法を教えてくださったのは名古屋浩之さんです。名古屋さんはキャンプや旅行が趣味ということもあって、荷物をコンパクトにまとめる機会が多く、この方法もその経験から生み出されました。




廃棄方法の手順

1. 透析液の空バッグをすべて重ねます。
2. 重ねた空バッグの上にカセットを置きます。
3. チューブを丸めてカセットの上に置きます。
4. 空バッグを半分に折ります。
5. お腹のチューブとつながっていたチューブで、全体をしばります。
6. できあがり!
6を45リットルのゴミ袋に入れた様子
(約5日分が入ります)。

詰め方のポイント

透析液の外袋を丸めて柱状にしたものをゴミ袋の四角に配置し、真ん中の空いたスペースに6を入れます。
その際、ゴミ袋の幅の広い方に製品の外袋を目隠しがわりに入れ、ゴミ袋がいっぱいになったら、一番上にも製品の外袋をふたのように乗せます。



Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.